HARVEST CENTRAL KITCHEN

子どもたちに食事を届ける
「セントラルキッチン」オープンを支援

子どもやひとり親世帯などを継続してサポートする新しいプロジェクトです。

ニュー スキン ジャパンは、セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)の、日本で初めてとなるフードバンクによる生活困窮者支援用の調理施設(セントラルキッチン*1)創設を支援し、新施設「ハーベストセントラルキッチン」が10月5日(水)にオープンしました。

東京都千代田区で2HJが運営する「ハーベストセントラルキッチン」は、寄付された食材を、管理栄養士が中心となって栄養バランスのとれた食事に調理し提供する施設で、子どもやひとり親世帯などを継続してサポートするためにつくられました。

現在、日本では約6人に1人が貧困状態にあるといわれ、約230万人が栄養のある食事を十分にとれておらず、特にひとり親家族の子どもの貧困率は過去最悪となっています。そんな背景を受け「ハーベストセントラルキッチン」では、2016年末には毎週700食、2018年には毎週1,200食以上を継続して提供することを目標にしています。また、「ハーベストセントラルキッチン」は東京都足立区と連携し、ひとり親世帯や学習支援施設に週3回、お弁当や軽食などを届けるといった新たな支援プロジェクトを開始していきます。

皆様と共に2006年から継続的に行ってきた2HJへの支援ですが、これまでの寄付は2億7,336万円(2016年9月末時点)にのぼりました。現在は、児童養護施設や母子家庭で暮らす7,000人の子どもたちへ食糧を届けるため、毎月150万円の寄付を行うと共にボランティア活動を実施しています。そしてサポート開始から10年を迎える今年、ニュー スキン ジャパンではOne for Smiles*2をスタートさせ、これにより新たに「ハーベストセントラルキッチン」を支援するなど、これからも、子どもたちを笑顔にするための活動に向けて取り組んでいきます。

今後、子どもたちへ届けるためのお弁当をつくるボランティアを募集しますので、ぜひご参加いただき、継続して共に支援をしていきましょう。

*1 大量の調理を1ヵ所で行うことのできる大型調理施設です
*2 2016年1月、全製品の売上利益1%を社会貢献活動に役立てるため、One for Smilesをスタート。ニュー スキン製品の一つひとつが、子どもたちの笑顔をつくっていきます

2HJの「ハーベストセントラルキッチン」活動レポートもご覧ください



【「ハーベストセントラルキッチン」の4つの新しいプロジェクト】

寄付された食材を有効活用して多くの人に食事を!

企業や農家、個人から寄付された食材を管理栄養士が調理します。美味しくて栄養のある食事を2016年末には毎週700食、2018年には毎週1,200食以上を継続して提供することを目標としています。

自治体と連携したサポートをスタート!

東京都足立区と連携し、週3回、ひとり親世帯や学習支援施設にお弁当や軽食などを提供します。これにより約70人の子どもが、栄養バランスのとれた食事を継続的に食べることが可能になります。

子どものためのクッキングスクール開催!

子どもが、食べ物のことや基本的な料理の仕方、栄養について楽しみながら学べる「クッキングスクール」を開催! 講師にはホテルのシェフや料理教室の先生など、プロの方々を予定しています。

休みの食事プロジェクトを始動

低所得世帯にとって、給食がない休みの間の昼食は金銭的負担が大きくなるため、行政や自治体が支援する施設やコミュニティセンターなどで食事の提供を実施する「休みの食事プロジェクト」を開始します。




【2016年10月5日(水) セレモニーの模様をレポート】

ニュー スキン ジャパン 代表取締役社長 小林 和則(左)と2HJ 理事長 マクジルトン・チャールズ氏(右)。

東京都千代田区のビル1階部分66.10㎡のスペースに誕生。オープン式典には多くの報道陣が集まりました!

子どもたちに届けるお弁当のサンプルも展示。お弁当にはさまざまな理由で市場で流通ができなくなり寄贈された食材を使用しています。

厨房施設や更衣室などで構成され、保健所の営業許可を取得したキッチン機能がこちら。クリーンなイメージに仕上がりました。


■セカンドハーベスト・ジャパンとは


日本で最初のフードバンク団体です。食品企業・農家・個人などから品質には問題がないが市場では販売できない食品を引き取り、必要としている困窮者の方々へ無償で届ける「フードバンク」活動を行っています。2002年の活動開始時の食品取扱高は30トンでしたが、2015年12月末時点での取扱高は1,767トンとなりました。
東日本大震災が発生した2011年度の数字を福祉貢献度(=これらの食品を無償でなく購入した場合の金額換算)に置き換えると10.1億円にも及び、この巨額の出費をセカンドハーベスト・ジャパンの活動で節約できたこととなります。

https://www.2hj.org/